About Us

高麗屋オーナー/NPO高麗代表
高麗恵子
Profile

高麗恵子は幼い頃より父から高句麗王直系子孫であることを聞き、育つ。王の持つ自然、大地、宇宙空間から受ける感性をそのまま継承し、 幼い頃より花や木々と対話し、世界の平和を祈り続ける日々を過ごして来ました。NPO高麗の名前の由来でもある「高麗」は、高句麗の建国(BC1世紀)の 精神「天の美、理想を地上に顕わす」を意味します。 しかし高句麗の歴史が閉じられた(AD7世紀)悲しみ、苦しみも体内に継承され、体を傷つけ、24才の時に絶望の内に精神的、肉体的にもどん底を経験しま すがIdaki Shin (斎藤忠光)との運命的な出会いから、身心が癒され、回復しました。 この時の奇跡的な経験をもとに、 肉体の内面で起こっていることが生き方の中心を占めていることを理解し、世界全体の中で自らの生きていく方向を見出しました。世界中の人々との人間的理解 に基づいた交流から新しい平和な社会づくりを行うとの視点から自らの素質を普遍的なものへと高め、アーティストIdaki Shinとともに平和をテーマとする様々な芸術活動、NPO活動を行っています。近年では毎年数か月間は海外各地を訪問し各国の歴史、文化、自然の豊かさ を即興詩で表わす作詩活動とそれを舞台でも表現しています。過去、現在、未来をつなぐ壮大な作品としてLegends of Koguryo Rediscovered「高句麗伝説」と呼ばれるそのパフォーマンスは2007年の海外ツアー(シリア、ブルガリア、ルーマニア、マケドニア、ヨルダ ン、中国の紫禁城)にて100回を超える開催となりました。2008年にはアルメニアにて、2009年はイスラム教国家であるイランにて革命後初となりま した女性の舞台に男性が共に参加出来た「高句麗伝説」コンサートを開催し、再びレバノン、そしてロシア、2010年にはグルジア、アゼルバイジャンにて開 催しました。2011年は東日本大震災の復興支援活動の為に海外コンサートは休止し、日本にてチャリティーコンサートを継続的に開催しました。被災地の子 供達に独自のマーブリングにより一枚一枚染めたTシャツを送っています。2012年はインドにて開催。2013年再びインド・グジャラにて開催し、 2016年6月現在までに198回の開催となっています。
 2006年よりその芸術空間世界をオブジェとドローイングを組み合わせたユニークなタペストリー作品としても発表し、舞台、出版とともに立体的な表現を行っています。Keiko Koma作品展は2008年ベイルートのユネスコパレスで開催されました。

著作:「出会い」、「八人の天女」、「本音で生きて下さい」、「高句麗伝説」、「本音で生きて下さい2:時の威力」、DVD付き詩集「麗花」、アラビア語詩集(レバノン)、「京の四季」詩集、「北の大地」詩集

活動実績:2016年6月まで、講演会702回、「高句麗伝説」198回などに出演。また、現在までに国内や海外で1010回 (2016年6月現在)のいだきしんコンサート(「高句麗伝説」、「大地の声」のいだきしん出演分を含む)をプロデュース。

ティール市(レバノン)永久名誉市民、

NPO高麗理事長、NPOいのち理事、

株式会社いだき、株式会社ガイスト、

有限会社高麗 代表取締役社長。

詩人 高麗恵子

詩人高麗恵子は自然と愛、栄光の夢を生きる人間について彼女の黙示と言葉の中で永遠との春のような 彩に包まれ、あたかも花々や木々と水から生まれた使徒のごとく姿を現す。 美しい葉叢と瑞々しい蕾に囲まれ花開く。彼女が歩みを進める時、吹き過ぎるそよ風が彼女を立ち止まらせ、小鳥たちは待ち焦がれたように、彼女のもとに飛び来たってその小さな肩に止まる。 彼女の周りには群れをつくる鳩が旋回し、その場は鳥の羽ばたきと平和の調べに満たされる。 幸福の香りが広がり、人々の心にも生命の血脈にも愛が広がる。 彼女が行くところどこでも、剣は下に向け頭を垂れ、その激情は大地を抱擁するように鋤に変わってしまう。 大地に蒔かれた種を発芽させ、やがて花開かせる。花冠を高くかかげ、互いの心の交感や曇りのない純粋さの大義を歌い上げる。

 

レバノン大学芸術学部教授 カジ・カフージ氏

(「Al kifah Al Arabi誌」2005年1月24日掲載記事より)

NPO高麗

高麗は、「天」とつがいの鹿を意味します。これは、古代の象徴に由来しており、その意味は、地上で最も美しい姿と理想の王国の実現です。
1998年に高麗恵子氏は両親を失いました。父は、高麗恵子氏がその人生を通して明らかになった真実を地球上の全ての人に伝えること を願いました。高麗恵子氏は父の遺言に従い、遺産を全て投資してNPO高麗を設立し、ひとが真に平和と幸福に生きられる新しい社会への道を開くことに尽し ています。今年、高麗はNPO法の下で日本政府によって公式に認められ、現在、様々な分野の専門家から成るおよそ100人のボランティアと活動していま す。   この団体の活動は、いだきしん氏(本名:斎藤忠光)の仕事を研究し、開発することの支援を中心としていますが、活動の範囲は、歴史、文化の学際的研究から 書籍、ビデオの出版、様々な文化イベントの企画、国際交流プログラム、子供の教育サポート等にわたり、一人一人の感覚を養い、人道的原理に則った未来の社 会システムをつくるのに必要な精神を養うという視点で行なっています。

組織概要

名称:特定非営利活動法人 高麗(NPO 高麗)(2001年1月31日 内閣府認証)

連絡先:東京都渋谷区神宮前3-5-9 (高麗恵子スカイロケットセンター)
TEL.03-5771-0513 FAX.03-5771-0553 E-mail: info@npokoma.org
代表理事:高麗恵子

事業概要

・イベント・上映会開催

(国内)いだきしんコンサート/高麗恵子 詩と語り/高句麗伝説/精神の源を辿る旅/麗花 他

(海外)エチオピア「天命」コンサート/タンザニア「平和の灯火」コンサート/ イラン・ペルセポリス「文明間の対話コンサート」/ イラン・テヘランコンサート 「高句麗伝説コンサート」(レバノン・ティール、ブルガリア・ベリコタルノボ、 シリア、ルーアイア、マケドニア・オフリド、マケドニア・ビトラ、 ヨルダン・ジェラッシュ、中国・北京、アルメニア、ロシア、グルジア、 アゼルバイジャン、インド・デリー、インド・グジャラ)他
2011年より、東日本大震災チャリティーコンサートを日本全国にて41回開催(2016年6月現在)

・コーヒー直輸入・販売

コーヒー発祥の地エチオピアより、飢餓の問題を解決する搾取のないコーヒービジネスを依頼され、野生に育つ希少なエチオピアコーヒーの 輸入/販売。 また、元タンザニア駐日大使からの依頼により、大使の故郷の村”ゴマタスジ村” よりキリマンジャロゴマタスジコーヒーの輸入/販売を開始致しました。

・その他、中東支援、エチオピア支援事業等
Cafe & Gallery Links
京都/八坂:高麗ギャラリーカフェ:http://www.komagallerycafe.com/

京都/御所南:高麗屋オフィシャルサイト:http://komaya.npokoma.org/

高麗屋 六本木:http://www.cafe-komaya.com

KEIKO KOMA Skyrocket Center:表参道:http//keikokoma.skyrocket-center.com

関連サイト
NPO高麗 オフィシャルサイト:http://www.npokoma.org/
アンドロメダエチオピアコーヒー オフィシャルサイト:http://www.andromeda-ethiopia.com/
いだきしん 高麗恵子 ポータルサイト:http://www.idaki.co.jp
KEIKO KOMA Selection:http://www.keikokoma.com
NPOいのち 訪問看護ステーション:http://www.npoinochi.org
 

2016.7.8

高麗屋OPEN

高麗屋・NPO高麗 代表
高麗恵子メッセージ
 
  • Instagram - Black Circle

Copyright  © 2016 Cafe KOMAYA Sendai Аll Rights Reserved.